Top > わきがと多汗症

わきがと多汗症

多汗症とは、エポクリン腺からの汗だけでなく、わきがの原因となる汗を出すアポクリン腺からもたくさんの汗が出る症状のことを言います。
暑かったり、運動したりして、ただたくさんの汗をかくことイコール多汗症ということではなく、緊張したときや驚いたときなど精神性発汗による汗の異常を多汗症といいます。
わきの下に多汗症でたくさんの汗をかくことが必ずしもわきがとつながっているわけではありません。
わきがと多汗症はその症状が起こる原因が違うものなので、それぞれの治療法も異なります。
しかし、多汗症とわきがの症状の両方をあわせ持っている事が多いということも事実です。そのため、わきが多汗症とひとくくりにして言われることもしばしばです。
多汗症でアポクリン腺から多量の汗が出て、わきの下の細菌と混ざると、わきがの特有の臭いが発生します。
さらに、多汗症ではアポクリン腺だけでなくエクリン腺からも多量の汗を出すため、わきがの臭いを広げてしまうことになります。
多汗症の治療には筋肉や神経の伝達をブロックする働きのある、ボトックスという注射が有効だと言われており、ボトックス注射によって多汗症の症状が改善されるとそれに伴うわきがの臭いも軽減されます。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがと多汗症(2009年6月 5日)
わきがに効くつぼ(2009年6月 5日)
わきがは移るのか(2009年6月 5日)
わきがに効果のある米酢(2009年6月 5日)
わきがの遺伝性について(2009年6月 5日)