Top > わきがの遺伝性について

わきがの遺伝性について

わきがは体質であって病気ではありません。そのため、一緒にいたからといってわきがが移るということは絶対にありまえません。
しかし、体質であるということから両親が共にわきがであった場合には、わきがが遺伝することが多いようです。
わきがは優性遺伝であるため、両親のどちらかがわきがであった場合には、50%遺伝し、両親共にわきがであった場合には80%ほど、わきがが遺伝すると言われています。
わきがの原因は脇の下にあるアポクリン腺という汗腺で、そこから分泌されるたんぱく質を含んだ汗が細菌や雑菌と混ざり合うことによって強いにおいを発生させます。
わきがの人は、このアポクリン腺の数が他の人より多かったり、大きかったりすることでわきがのにおいが強くなります。アポクリン腺の数や大きさは遺伝的な要素が大きいと言われています。
わきが体質を受け継いでしまった場合には、食べるものによってもわきがの臭いがきつくなることがあります。
わきがの臭いを少しでも軽減したいなら、わきがの臭いがきつくなる肉料理や乳製品などの摂取を控えるなどするといいでしょう。
わきがを根本的に治療するには、アポクリン腺を取り除く治療を行なうことになりますが、手術によってアポクリン腺を取り除いたとしても、わきがの体質であったことは変わらないので、次に子どもへと遺伝する可能性がなくなるわけではありません。

 

 事務作業代行サービス  家事代行サービス  バイク買取 査定  車買取 査定
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがと多汗症(2009年6月 5日)
わきがに効くつぼ(2009年6月 5日)
わきがは移るのか(2009年6月 5日)
わきがに効果のある米酢(2009年6月 5日)
わきがの遺伝性について(2009年6月 5日)